だらだら感想文

だらだらと日常日記と感想文

【追悼】橋田壽賀子さん

先日、仕事の合間にネットニュースを見たら訃報。とうとうかと滅入る。と言ってもご本人や作品に対して大層な思い入れはないのだが、今年だったか昨年だったか佐藤愛子さんと橋田先生の対談を読んだ時の印象が大きい。

 


死後の世界について2人が話しているところ、佐藤さんは別荘でのポルターガイストに長年悩まされた経験や霊能力者の人たちとの交流で、あの世はあると仰る。

また仲の良かった遠藤周作さんとあの世についてよく話していたらしく、どちらか先に逝って霊になってあの世があったら生きてる方に伝えようと言う約束をしたらしく、遠藤さんが亡くなってから数年後にその事を全然知らない霊能力者の人を通して遠藤さんが「あの世あったよ」と話し掛けてきたそうな。

 


それに対して橋田先生は確かに説明の出来ない不思議な事もあるけれど、死んだら無と仰る。ピシャリと放つような言葉に佐藤さんと対極した思想がこの対談面白いなと思った。

 


あと橋田さんが旦那さんが亡くなった後に、2階で執筆していたら1階に旦那さんの気配がした事があった話で「あれは思い出ね」と、記憶と風景が居るような気持ちにさせると言う話が酷く心に残った。

 


私自身も亡くなった祖母の散歩道を通ると、ふと居るような気になるが、すかさず思い出だなと思うようになった。

 


内容とは異なるけれど、佐藤さんのエピソードは小説家というかエッセイストらしいし、橋田さんのは脚本として風景が見えるのが面白いとも思った対談だった。敬称略がバラバラなのは気分と、テレビ出演で親近感のある橋田先生はテレビ呼びで、佐藤さんは馴染みがないのでさん付です。。(´・_・`)

 


私は出生前だって何もなかったのだから、きっと死後もと橋田さん的に思うけれど、色んな不思議な事もあるからと佐藤さんのお話をフワフワと愉快にも思う。色んな人の死生観に触れる事は自分の価値観を育ててくれる気がするし、知識は気弱な精神を強くする。

 


あと橋田先生と言えば私は渡る世間は〜のイメージしかなく、世の中嫌な姑、小姑がおるもんやと思いながら見た記憶。でも岡倉のお家に住みたいなと思ったり、藤岡琢也さんや山岡久乃さんのおじいおばあ像にも親しみがあったなあ。あとは、いいともでタモリさんや、おすピー達とわちゃわちゃなさってたイメージ(^◇^)

 


今日は追悼記事があちらこちらにあり、色々心惹かれる名言などが。備忘に簡略して記載。

 


自分は子がいなかったから好き勝手書けた。息子がいれば渡鬼の内容を見て、母さんは僕らの事こんな風に思っているのかと思われる心配が出てくる

 


子に面倒みてもらうと思う親、親の遺産に期待する子。双方期待をし過ぎるから、実際そうでなかった時に憎しみが出てくる

 


若い頃から死について意識を傾ける事で生き方を見つめ直す事ができる。。。うん、かなり簡略してる。一回エッセイ読まねば。。。

 

 

 

追記で昨夜見たクローズアップ現代では、亡くなった旦那さんはいつでも側に居ると嬉しそうに仰る姿が、あれ対談の時のピシャリと孤独さが滲む雰囲気と異なった。自分が脚本を書くことが旦那様の供養であるとの言葉も、祖母の一周忌を前にまだ心が留まらない自分には響いた一言だった。

永和の金魚

久々のブログ。色々あった半年間。

大好きな祖母が7月突然亡くなり、人生観ぐらつき自分が好きなものを何やったろかと彷徨する事はや3ヶ月。コロナ禍もあり、前みたくフットワーク軽くは動けん状態。

 

まぁそれでもテレビのバラエティでゲラゲラ笑ったり、職場の嫌な奴の話で盛り上がったりと私の中の日常は戻ってきた。

 

そんな中、突劇金魚さんのアトリエが今月末で閉鎖との知らせ。ざわざわ、心ざわつく。コロナ禍前のワイの心のオアシスが。。。うぅ。。そして拝見した朗読の数々の感想も未だ書けず。書きたいけど記憶がカラカラ。。断片的。

 

とりあえず思い出されるのは、山田さんの怪奇朗読ワールドと、昨年末のニワトリ物販時と朗読barの宴でのサリngさんの優しいお気遣い。

 

10月から翌年2月にかけての寒い時期にお邪魔し、休憩時に一段と冷える廊下でトイレを待ちながらアトリエをまじまじと拝見し、ここにサリngさんのおばあさま達が住まれて、幼いサリngさんはここに遊びに来るのを凄く楽しみにしてたんやろなと勝手に想像したり。

そして数年後に仲間と共に改装してお芝居をして、沢山の人たちが訪れてサリngさんを好きになっていく。その様が素敵やし熱いなと。歴史を紡いだんやなと。すごい。

そしてありがとうございました!!

 

 

【演劇・映像】コトリ会議「あたたたかな北上」

今夜もコーンフレークがうまい。。

ネット環境がようやっと戻り、自宅でカタカタでける。

 

世はCウイルスが蔓延。出不精である自分においてはあまり影響はと思いつつ、月1回程度の外飲みがなくなり、楽しみであった突劇金魚さんのGFTが延期となり、顧問と観に行くはずだった大阪劇団協議会のお芝居も中止になり、4月の顧問出演芝居も延期に。。友人達と観劇後に花見しようぜと盛り上がってた頃が懐かしい。。。。。。

 

と暗い話の続く日常だが、コトリ会議さんが3月末まで限定で過去作品をYouTubeにアップされるという朗報。で先ほど視聴し非常に面白かったので勢いに乗って久々のぶろぐ。「あたたたかな北上」をみた。

 

コトリ会議さんは劇塾公演で昨年山本さん演出作品を2作拝見し、朗読Barで「うえむらさん」を若旦那さんの朗読で拝聴し、今年の劇塾で山本さん作品「鳥」を観劇。断片的であるけれど、どれも不思議な世界観だった記憶。

 

今回の「あたたたかな北上」。不思議なお話だけれど、洋画のロードムービーを観たような気分。全員日本人だけれど、設定が?台詞の言い回し?物語性が?・・なんかわからんが海外映画のような。黒田硫黄が好きな自分においては黒田硫黄的でもあるなあと。

 

そして衝撃的だったのが冒頭の室屋さんのお声。結構低音ボイスな方だったのか!と。室屋さんは初朗読Bar後にtwitterで色々見ていたら、宴でエア緊縛的なショットを撮られていて何だか面白そうな方だなと思ってからフォローしている。で実際面白い。岡崎体育ファンであるとこも親近感で、お酒弱いのに打上げだからと少しチューハイ飲んで酔っ払って先輩たちを前に横になって寝ている姿をtwitterにあげたりとすごく面白い。朗読もお芝居も拝見した事ないのに知っている人で、何度か劇場でお見掛けした事があり一人心の中で「わー室屋さんや!」となっていたり。

と前置きが長すぎるが、今回の映像で初めて室屋さんの声を聞いて、低い声だったのか!と衝撃を受けた。

 

次に衝撃が若旦那さん。火星人。朗読のみでお芝居は初めて拝見。役のポジションとして笑いどころな存在ながらも、なぜかストンと火星人と納得する不思議な佇まい。終盤の火星人に乗り移られた小中太さんの魂の叫びが、若旦那さんの火星人の悲しそうな顔とリンクして響く。

 

牛嶋さんと竹内さんは良いお声同士で、掛け合いが美しい。。癒される。最近人外な役続きの竹内さんが人間を演じておられ新鮮。牛嶋さんは洋画の絵画や、中東の女性のような雰囲気がいい。

 

原さんが海外映画のように思える要因かもしれない。宇宙戦争トムクルーズ的な憤慨、混迷をしている姿がいい。その横でちょこんと座る小中太さんがかわいい。レーザー銃で撃たれる姿はなかなか驚きで、火星人と同じくあのような銃を使うとチープになりがちなのが、そう見えないのが興味深い。映像を通して見てるからか、山本マジックか、、、は、次回のコトリ会議を劇場で観て検証だな。

 

30分程の作品で映像だったけど、十分楽しめた。これを劇場で観たらどんなだろと気になる。

 

そして山本さんの作品をいくつか見て思ったのは男女の掛け合いがどれも愛しさに溢れている。

「うえむらさん」「鳥」でも今作でもそうだが、風変わりな世界ながら、男女の双方を想う気持ちが何というか むず痒くなく、さらっと美しく描かれているように思えた。

 

さて次は「セミの空の空」を週末に観るど。

日々を綴っていこう

アウトプットをせねばと脳が言う。

最近はインプットばっかで、観て見て読んで聴いてばかりなので、バーっと書きたいってのがTwitterに顕著に表れて四六時中ぶつぶつ言うてる怪しい人になっている。

 

ここのブログについては観劇ログをとちょこちょこ書いてたけど、ご本人たちの目に入ったらいかがなもんやろと葛藤があり泥酔時にTwitterとのリンクを消去。ちょっと気が楽になったり。でも誰の訪問もないのも悲しかったり。贅沢なもんだ、いやはや。

 

今回、更新を再開したのは先日の高校時代のナカーマとの忘年会で、数年前に友達と先輩のお見舞いに行った話が出てきて、その記憶がすっかり消失していた事にショックを受けた事が1つ。んでその日に実家に帰り、昔のノートを引っ張り出したら覚えてない当時の日記のようなものが非常に面白く、死んだ祖母の迷言も書いてあったりで残すって素晴らしと思い直した為であったりする。

 

かいてきましょ

【朗読】2019.10.5 朗読Bar 金魚の夢 夜

休日にどこにも出掛けずツイッターを眺めると、外に出た人達の体験に溢れていて、自分への罪悪感しかないので酒飲みながらぽちぽちする。1ヶ月前の感想を書く。覚えてるのかしら、、、

 

前回、後輩野上くんの出演をご縁に観に行った朗読bar。山田さんへの熱が急上昇し突劇金魚情報をネットで漁りまくる。仕事中にぬーんとする出来事があれば山田さんを思い出し、そうだ京都に行こう!ばりに何度も今週は朗読barに行こう!となっていた。

 

そう、もはや山田さんは推しになっていた。

なので誰誘うでなくコソーリ一人で参戦。日中は友人のちしゃちゃんとチョコ専門店でお茶してカラオケ行ってからの朗読bar。

 

前回は奥の席で、今回は手前の席で観る。

 

1人目は河口さん

接吻をテーマにした2作。1つ目は今年話題の方の作品で、この人物語も書いてたんやと驚いた。結婚式と歯のお話で、コミカルながら新婦、新郎それぞれが愛おしく思ってる様が伝わってきた。

2つ目は老婆と若者のお話。若い青年のジタバタの面白さと、老婆の切なさが伝わり自分の祖母思い出して泣きそうになる。河口さんはずっと聴いていたい心地良いお声ですな。

 

2人目は山田さん

蕎麦屋の話。テイストは前回と同じ読み方なのだが極めて真面目な蕎麦屋の話で、これは最後に大笑いがくる予感かなと思ってたら、最後にゾッとした。読み終えた後の山田さんの語りが世にも奇妙な物語タモリ的で一人でここまでの世界観スゲーなと思ってたらロウソク消えない事案が発生し、懸命に消す姿が非常に可愛く消灯後に笑いが起こっていた。

山田さんの愛称が山ちゃんである由縁はああいう可愛さでないかしらと思うた。

 

3人目は田代さん

綺麗なお顔〜と思ってたら、本のチョイスが面白い。田代家秘伝の書物との事でイケメンがそんなふざけた設定で、ででんと関西弁を放つってのがツボ。達者な演技で絶滅した彼らをオネエやらオッサンやら色つけて演じておられた。朗読とは異なるけどエンタメとして完成されてた気がする。

 

4人目は是常さん

作品は確か外国作品で教育チャンネルの外国アニメを見ているかのような淡々と心地の良い朗読。ゆらゆらと木漏れ日の中、お母さんに読んでもらってるような暖かさがあった。なので若干記憶がとんでいたり。でも良き女優さん、ネットで見ると素敵な役を演じられてるようで、今度はお芝居観たい。

 

5人目は有北さん

始まりから可笑しい。出てくる小窓が狭いのか調整しつつ、浴衣の裾をすごい気にしながら繰り出すのは世界のジョーク集。それだけで笑えてしまった。内容もさる事ながら1つ読み終える度の挙動不審、1人笑う雰囲気がとても面白く会場は勿論のこと、恐らく音響オペしておられるんだと思う奥のたろうさんも笑っているのか奥からぷぷと笑い声が。

 

 

前回はザ朗読という内容だったけれども、今回は作家も本の種類も芸風も様々でバラエティに富んで面白かった。終演後の宴は1人でアウェイ感ありありなので、そのままピャーッと飛び出し餃子とお酒を買って家路に着いた。

 

いやぁ朗読barハマる。調子こいて、このブログとツイッターアカウントを作ってしまった。仕事帰りに行けるのがやばい。ってなわけで明日は野上君がまた出演されるとの事なので仕事をほっぽらかして定時上がりを決める予定。

 

明日行く前に前回の感想書けて良かった。でもオサムの感想やらあるたい。。。

【TVドラマ】同期のサクラ 第3話

高畑充希の走り方良いな。

 

観劇ログを書けてないのにまたドラマ。見てると熱くなるし手隙なので書いてしまう。

 

ネット評判は高畑氏のキャラがいたいので、見てられないとあり、見ないやろなと思ってたけど、水曜日のDTからの流れで見たら、割と自分の仕事環境に近いので面白い。いや、あんな大企業じゃないけど中小企業にも直面する問題が出ているので興味深い。

 

何より真剣佑の3枚目キャラというか花輪キャラというか憎まれキザくさいのが良い!何でもでけるなこの子は。

竜星君のザ若い営業マンってのも良いし、この子もアンナチュラルの葬儀屋さんやら色んな役をサラッとこなすのが若手俳優ながら素晴らしいな。というか辞めた営業マンの先輩に似てる。

 

岡山君は最近よく出てるなあ。濱田岳的なポジでありながら窪田君的なお顔でもあり。

 

橋本愛あまちゃんから演技拝見するの遠ざかってたけど、なかなかうまい。美しいし。あ、いだてんでみてたな。もっと色んな役どころを見たいねい。

 

高畑充希はカホコと近い突っ走りキャラやけどもヘンコな役いいと思う。

 

全編、過去の話でリアルタイムでは高畑充希が病院におるという展開らしくミステリ?要素的なものもあるらしく、カホコは途中離脱したので今回はどうかな。水曜日の22時はTBS推しやからなあ。。。

 

クロちゃんがお花畑で目覚めて天国と勘違いするかどうか説とか面白すぎるからなあ。

 

遊川さんの脚本は賛否両論やけど、やっぱ着眼点が面白い。ミタ、カホコ、はじめまして愛してますと全部設定面白い。昔やってた智子と知子が好きだったのだが、最近になって遊川さんと知って驚いた。

 

同期ってのがテーマらしく、私は前職では同期はなく全員先輩やったけど、今は同期というか同世代のお仲間がいる。同じ仕事をしてる人がいるって心強いなと時々思う

【TVドラマ】グランメゾン東京 第1話

鉄は熱いうちになので熱のある今書く。

あと満腹で動けずにいるので、胃が落ち着くまでちょっとぽちぽちしよう。

 

昔から木村さんドラマは王道すぎて見ない。でもたまに見る。タイミング合えば見てしまう、それが王道なんでしょうね。でも全話見ない事多々なのよね。。。

 

今日も有吉eeeのわちゃわちゃを見ながら、おしゃれイズムの石田ゆり子藤木直人にキレイやなと見惚れながらザッピング。

 

あら、木村ドラマ。番宣時より見ないだろうなと踏んでたのだが、鈴木京香が美しくてリモコンを止める。お顔、お肌、ヘアスタイル、フォルム、お洋服全てお美しい。。。そりゃ長谷川さんも夢中よと。

途中からなので話の筋は分からず見ていてたが、木村氏が古いお家の台所で料理してる姿が良く、キッチンのタイルに黒マジックでメニュー?を書いてるのが非常にお洒落で真似したいとか思ったり。

 

調理器具だけに限らずやけど、沢山の物がありながら整然と綺麗に並べられているのは精神的に気持ちいい。ミニマムとか言うて何にもないお部屋も流行ってるけど、やはり物があると落ち着くような。

 

コトコト煮ているお鍋も年季が入っていて、テーブルクロスも80年代の香りがするのだが清潔感あってリンネルとか読んでるような雰囲気。ジブリ映画のような調理風景が何ともずっと見てたい感があり、人がご飯作ってる姿ってある種癒し効果あるなと。

 

それだけで惹きつけられて見ていると、尾上菊之助手塚とおる及川光博となかなか良さげなメンツ。

 

木村氏と沢村一樹が出る前情報しか知らずで、うまい役者さんが出てるのねと。当て書きではないやろうけど、きちんと配役が考えられた感じ。

 

次週は冨永愛春風亭昇太となかなかこちらも面白そうな人たち。

 

過去にトラブルがあった一流料理人である木村氏が盛り返すお話で王道感あふるるけれど、1話ラストのオーバー40の3人が新しいこと始める感じワクワクする。この年代で裸一貫スタートって、なかなかない設定な気がしたり。

 

日曜9時ドラマの重厚感が結構苦手なので継続して見るか分からんけど、1話は面白かったっす。何より鈴木京香!!!美しい。。。